ヴァーナルの洗顔石鹸、ヴァーナルの口コミ

暮らしの便利グッズまとめ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げ恥「恋」をピアノで弾いてみました。

2017年12月23日(土)

去年流行ったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」

で大ブレークした

星野源さんの「恋」。


今年の夏に1回弾いたのですが、

しばらくピアノ自体触ってなかったので(はい、言い訳~)

体力なし・・・。




何がどうって、

音間違いを分かっていながら、

録音し直す体力がない!




ということで、

気になるところはたーくさんあるのですが、

とりあえず弾いてみたのでアップします。

もし、録音し直す気力と体力があれば

やり直します(たぶんしない)。



良かったら聞いてみてください(>_<)




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
     ランキングに参加しています。
        見たよ!のしるしに
  ぽちっと押していただけると嬉しいです☆
        にほんブログ村 子育てブログへ



スポンサーサイト

旦那の神対応にウルっとした話。

2017年11月17日(金)

私は元来めんどくさがりやです。
それもかなりの。
ぎりぎりになるまで行動に起こしません。
誰かがしてくれるなら自分でしたくない・・・

完全同居なので、
あぁ・・・ちょっとしんどい・・・
もしかしたらお義母さんがしてくれるかも・・・
(お義母さんはしゃんしゃん動く派)
なんて期待して、結局そうなる(次男の授乳とかで)こともしばしば。

同居してなかったら、
子どもがいなかったら、
もっと家の中は悲惨なことになっていること間違いなしです。


子どもが産まれてから、
意外に子どもの世話をちゃんとする私に、
旦那が
「嬉しい誤算だった」
というくらいです。
(この表現が忘れられない・・・)



一応ね、
畳んだ洗濯物は
自室に運びます。
”リビングはみんなのもの”
その意識はあります。

リビングに置かせてもらっている
長男と次男の服は、
目につくので片付けます。
(量も少ないし)

でも、自室に運んだ服。
とりあえず、ドンっておいちゃうんです。
ウォークインクローゼットの中に。

夕方か夜に畳んで、
とりあえず持って行って、
そのまんま寝かしつけて・・・
あ・・・朝でした・・・
長女の幼稚園の準備しなきゃ・・・
洗濯物?
また後で・・・
昼間?
長男と次男の世話と
家事で
無理っす・・・

と、延々自分に言い訳をして、
ためにためた洗濯物



5日分。




いやぁ、
自分でも
なかなかここまでほっとく人、
少ないだろうな~・・・
とは思うのですが・・・


だんだん着る服なくなってきて、
この洗濯物の山の中から見つけるのめんどくさい・・・
でももう下着ない・・・

みたいな、ぎりぎりになるまで
なかなか手を付けられないことも
このごろ増えました。
(私が自宅で作業をし始めたという理由もあり。)



普通、
仕事から疲れて帰ってきて、
家の中が汚かったら、
旦那さん、
怒ると思うんです。

「俺はこんなに働いているのに、
お前は家にいて何してるんだ<(`^´)>」
みたいな。


私は外に働きに出てないですし。


家が自営業といえど、
メインは留守番だし。




でもね、
昨日やっと洗濯物の仕訳を始めた私に、
旦那はこう言いました。




「今家が忙しいんやろ?

この洗濯物見たらわかるわ」







もうね、
なんだか申し訳なかったですよ。


確かに、
このごろ家がバタバタはしてました。
幼稚園の何とか~とか
お義母さんが民生委員をしてるので、
その研修会でいないから
家のことが~とか
お客さんが次から次にいらっしゃって
うーん、おトイレ行きたい。みたいな。


でも、
洗濯物片付ける時間がなかったかというと、
それはNO
しようと思えばする時間はありました。

ただ、
自分の中の優先順位が低かっただけ。
あとめんどくさかっただけ・・・。




もう、洗濯物はためまい、
と思った瞬間でした。








が、しかし。




人間なので、
いつまでその気持ちが続くか・・・

ルーティンにしてしまえばいいのは分かっているのですが・・・


さて、今晩からの自分の行動が楽しみです(笑)




ちなみに、
洗濯物を片付ける時間を惜しんで(笑)書いていた記事がこちら。
瞬間授乳ブラキャミソールのまとめ

どんな人にはおすすめか、
色やサイズなどについてまとめています。
良かったらご覧になってください☆

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
     ランキングに参加しています。
        見たよ!のしるしに
  ぽちっと押していただけると嬉しいです☆
        にほんブログ村 子育てブログへ



女性の働き方について考える 「在宅ワーク」という選択

2017年09月28日(木)

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
     ランキングに参加しています。
        見たよ!のしるしに
  ぽちっと押していただけると嬉しいです☆
        にほんブログ村 子育てブログへ
        にほんブログ村



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



今朝の地方紙の朝刊に、

「在宅ワーク」選択

という記事があった。


この取材を受けた方は県内の40代の女性だったが、自分の両親が共働きで幼少時にさみしい思いをしたため、自分の子どもには同じ思いをさせたくないと、在宅ワークを始めたそうだ。


思えば、私の母も働いていた。
私は年の離れた3番目なので、自分は30歳だが実母は63歳。
私が生まれたころは、カギっ子という言葉がすでに定着していた時代。
女性が外で働くというのが”普通”であったのではないだろうか。

私の母も例にもれずバリバリ働いていた。
パートだったにも関わらず、夕飯の時間に間に合わないなんてことも、私が中学校を過ぎると増えてきた。
おなかがすいて、冷凍食品をチンして食べたり、おやつを一人でつまんだり…
さすがに母がハンバーガーを買ってきたときには、ショックではあった。

ちょっとうれしいこともあった。
帰ってからテレビを占領できることである。
ただし見つかったら怒られた。
車の音がするとすぐに消して、宿題をしているふりをしていた。


母は私が1歳のころから働きに出ていた。
大人になって思ったのは、上二人が小さいころは働きに出なかったのに、私は小さいころから預けられていたのか、ということ。
3番目だしね…みたいに思われていたのかな。
もちろん大人の事情があったんだろうけど、事実だけで見るとそう思ってしまった。



そうか、私はさみしかったのだ。

誰もいない家に帰り、一人で過ごすことが。



なんだかそのことを認められると、心が楽になった。



そして、家に祖父母が一緒にいて、田舎だから子ども園の待機児童もなく、預けて働きに出ようと思えばできるであろうにも関わらず、子どもの成長を傍で見守りたいと思い外に働きに出ない自分の行動に納得がいった。
今は子どもを産み、育てる時期だ。
逆に言えば、それらは今しかできない。


ここは田舎だから子どもが少ない。
周りの人は、すでに3人いる私に向かって「あと2、3人はいけるよ」と言う。
まぁ、年齢的には可能だが…
あと2、3人…?Σ( ̄。 ̄ノ)ノ



おかげさまで子育てをする環境にも恵まれている。
家の広さや、人の手。
でも、今の旦那の仕事だけでは、ちょっときつい。
大声では言えないが、かなりブラックな仕事だと思う。
祖父母と一緒に住んでいるからこそ、今の生活が保てているのは間違いない。



だからこそ、これからどう生活していくべきか、少しずつ考えている。


そんなときに目にした今日の記事。


やはりこういう形が自分には合っているのではないだろうか?


”「個人事業主として契約、納品、トラブル解決まで1人でやる。すべて自己責任」。甘くない。”


在宅でも仕事には変わりない。


今年県が開催したセミナーには、60人の定員を上回る希望者があったそうだ。
いろんな事情で、外に働きに出られない人はまだまだいると思う。
出られないけど、働きたい人もたくさんいると思う。

政府のうちだす『一億総活躍社会』。
こんな小さな子どもを預けて働けと言うのか!
私は子育ても立派な仕事だと思ってる!
と一人で憤慨していたのだが、”在宅”という働き方ならできるかもしれない、そう思った朝なのでした。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。
     ランキングに参加しています。
        見たよ!のしるしに
  ぽちっと押していただけると嬉しいです☆
        にほんブログ村 子育てブログへ
        にほんブログ村

昨日も寝落ち…

2017年09月28日(木)

このごろ(に限らず)多いのですが…

また昨日もやってしまいました、子どもと寝落ち。

お風呂入らんかったー!!・゚・(つД`)・゚・

(上二人が入るときは食事の準備中なので私が服を着たまま洗い、一番下は旦那が入れてくれる)

気持悪いので入りたいのですが、次男が泣き叫ぶ可能性があるのですぐには入れず…

(寝室からお風呂場までずいぶん距離があるので聞こえない…)


もう少し明るくなるまで待つことにします。


昨日は風も雨も強い日でした。

今日は晴れるかな?

運動会まであと少しです。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
     ランキングに参加しています。
        見たよ!のしるしに
  ぽちっと押していただけると嬉しいです☆
        にほんブログ村 子育てブログへ
        にほんブログ村

手芸にはまっています。

2017年09月19日(火)

こんにちは、始めまして。

松野いずみと申します。

初めてのブログで使い方がよくわかっておらず、

最初自己紹介もなくトラックバックをしてしまいました・゚・(つД`)・゚・

すみません。

ですが、よろしくお願いします!!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日は趣味の話を。



子どもが生まれてから、

服や小物で、

こんなものがあったらいいのにな~とか

もうちょっとこうだったらいいのにな~と

思うことが増えました。



うちの子たちは

みんな太めなのですが、

(今次男は4ヶ月ですが、すでに8キロです(*´ω`*))

よくわからないで買ってしまった

細身の服は、

一回も日の目を見ないまま…

なんてことも最初は多かったんです。


今はとにかく

足回りがゆったり作ってあるものを

意識的に選ぶようになったので、

前ほど無駄な買い物は減ったのですが。



でも、サイズを上げると

丈や裾が長かったり、

何となくしっくりいかなかったり…



そんな中、

ある日ふと

「じゃあ作ればいいんだ」

と思い立ち、

たまたまテレビで紹介していたミシンを

お義母さんと二人で見て

「( ・∀・) イイネ! 買おう!」

と折半(と言ってもお義母さんの方がたくさん出してくれたのですが)で購入したのが、

結婚してからの趣味の始まりでした。




最初に作ったのは

長女のズボン。

モンキーパンツ?と言うのでしょうか。

後ろに丸い別布が付いているやつです。



お腹周りや足回りをゆったり作るのには成功したのですが、

布や糸の種類など

全然考えずに作ったので、

ニット生地を伸ばしながら縫ってしまい、

裾がびろびろと広がってしまいました…


まぁこれはこれで

普段着ならアリかなと思いながら

しばらく履かせていましたが…





最近作ったのは、

どこでもポッケとか

移動ポッケなどと呼ばれる、

ズボンやスカートのウエスト部分につける

小さな小物入れ。


これは自分用に。


私はとにかく

携帯を持ち歩かない人で、

「連絡がつかない!携帯の意味が無い!」と

よく怒られます…


普段かかってこないから持ってない

っていうのもあるんですが、

一番は“着る服によってポケットの大きさが違うから”。

未だにガラケーの私は、

ポケットに入れたがるのですが、

服によっては、かがんだら落ちやすかったり、

欲しいところにポケットがなかったり、

スカートだとポケット自体なかったり…

なので「携帯~返事して~」

ということがよくありました。



でも、幼稚園が始まったので、

やはり緊急の連絡があったときに

電話に出られないと困るなと思い、

試しに作ってみました。



長方形に切って、順番に折って

直線縫いをするだけ!

という簡単なレシピを見つけ、

作ったのがこちら(ちょっとアレンジしてますが)

170919_0602~01



布端の処理をしなくていいというのは、

私の中でポイントが高かったです。



元々こういうのをお義母さんが持っていて(お義母さんはスマホです)、

便利だよ~とは聞いていたのですが、

ホントに便利です。

旦那には「何それカッコ悪い」と言われましたが、

お構いなしです(^o^)ノ イエー!



中が2つに分かれているので、

私は手前に携帯を入れ、

奥には免許証と千円札を入れてます。

これだとお迎えだけ行きたいときに

わざわざお財布取りに行かなくていいので、

さっと出かけられて便利です。

(車の鍵に家の鍵を付けとけばカンペキです(*^^*))

170919_0604~01



子どもだったら、

手前にティッシュ、奥にハンカチですかね。



こういう手芸って、

よくする人にとっては

簡単なんだと思うのですが、

あんまりしない人にとっては

行動に移すまで、ハードルが高いように感じます。


やってみると大して難しくなかったりするんですけどね。


私も久しぶりにしようと思ったら、

布のカットをするまでに

随分かかりました…。

カットさえしてしまえば早いんですが。





来年は長男が入園なので、

手提げバッグや上靴入れを作ろうと思っています( ´▽`)



ブログランキングに参加しています。
よろしくお願いします!!
にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

プロフィール

松野いずみ

Author:松野いずみ
片田舎で夫の両親と完全同居してます!
子どもは3人(5歳、2歳、0歳)。
便利グッズ、新しいもの、面白いもの大好きです。
夫とは4人目欲しいね~と話しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。