育児 便利 役立つ

暮らしの便利グッズまとめ

親公認の水遊び。

2017年10月12日(木)

このごろ長男(2歳)がはまっていること。


それは親公認で、怒られずに水遊びができるある手法です。


何なのかというと…



ずばり、お皿洗いです。



本人は気が付いたらしいのです。
「自分も洗う~」というと、
怒られずに水に触れることができることに。

今はなんでも「自分でする~」がはやりの長男です。

お手伝いをしようという気持ちがあるうちに
お手伝いの仕方を覚えておくと、
きっと後々役に立ちます。
何より覚えるのが早いです。

そう期待して
時間がべらぼーにかかるけど、(2倍どころじゃない…3倍、4倍!?)
そこはぐっとがまん…


もうイベント化してしまおう!!

と開き直っています。



こんなことに限らずですが、
なんでも子どもがすると時間がかかりますよね。
そこでつい手を出してしまう。

服を着るのも、
靴を履くのも、
おそうじも洗濯も。

私が一人でしたらもっと早く終わるのに!!
…そう思いたくなります。






ちょっと話はそれますが、
私は今、夫の両親と一緒に住んでいます。
自営業の手伝いをするためです。

私にとっては全く知らない土地で、
知らない分野で、
知らない言葉に、
知らない人だらけ。

今でこそなんとな~く留守番もできますが、
最初は留守番がドキドキして仕方なかった。

電話鳴るな~(;´д`)
人来るな~(;´д`)

そんな感じでした。

ですが時は流れ、
田舎暮らし・同居暮らしももう7年目に入りました。

その間に、
私ができそうなところから少しずつ(主に留守番)、
お義父さんやお義母さんが任せてくれることがあり、
(というかだんだん任せざるをえなくなった?)
任せてもらえたこと自体が嬉しかったし、
任せってもらえたことをちゃんと最後まで完了できたときは
さらに嬉しかった。





あるときふと思ったんです。

…これって、もしかして私たちが子どもを育てるときと同じこと?






お義父さんやお義母さんにとっては
”後継者を育てる”

私たち夫婦にとっては
”子どもを育てる”


どちらも人を育てるということに関しては、
同じところもあるのではないか。



そんな風に考えられるようになってからは、
子どもが家事や育児に手を出すことに
自分自身、寛容になりました。


失敗してもいいんです。
むしろ失敗をしないと身にならない。
私だってよく失敗する。
よくお義父さんやお義母さんに怒られます(この歳で…)(´;ω;`)
どうして子どもの失敗を責められるでしょうか。

ってゆうかむしろ、
失敗するの前提で考えていたら、
成功したときイエーイヽ(≧∀≦)ノって心の底から喜べるし、
失敗したときはそんなもんだ~って思える。

自分の心も楽になります。



そうやって任せているうちに、
できなかったことが、できるようになります。
子どもの年齢が上がり、
子どもの経験値があがるためです。



子育ての最終目的は、子どもの自立。
子ども自身が、自分の幸せのために
ちゃんと自分で立って歩いていけるようになること。


そのために、今は
私のちょっとした心の余裕を
大切にしたいと思います。



だから洗い物と称して
服をびちょびちょにしても、
少々のこと~このくらいよくあるよね~ヽ(´∀`)ノ

    ってくぉらぁ!!!ヽ(`ω´*)ノ彡☆


足元までびちょびちょにしていいとは言っとらん!!!!




…子どものほうが二枚も三枚も上手なようです。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
     ランキングに参加しています。
        見たよ!のしるしに
  ぽちっと押していただけると嬉しいです☆
        にほんブログ村 子育てブログへ


スポンサーサイト

「うるさい!!」って言わなくてすむ方法

2017年09月27日(水)


ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
     ランキングに参加しています。
        見たよ!のしるしに
  ぽちっと押していただけると嬉しいです☆
        にほんブログ村 子育てブログへ
        にほんブログ村



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


長男(2歳)はイヤイヤ期真っ盛り。

お姉ちゃんがいるせいか、ものっすごいおしゃべりです。

電話のときやお客さんがいらっしゃったとき、この長男が本領を発揮します。

歌を歌ったり、大きな声で独り言をしゃべったり…

思わず「うるさい‼」と叫びたくなります(というか叫んでる)。



これが毎日のことなので、みんなげんなり…

結構大きい声なので、聞いてるだけで疲れます。



じゃあこの状況をどうしたらいいのかな?と考えました。

2歳の子どもにも伝わるように…。



ということで、私が今実践していることをお伝えします。



まず、「うるさい‼」は、状況を言っているだけですよね?

今、子どもが大きな声で叫んでいてうるさい。


では”私”はどうしてほしいのか。

静かにしてほしいんですよね。

『うるさいから、静かにしてほしい。』


ではなぜ静かにしてほしいのか。

ここはいろいろな理由があります。

『電話の声が聞こえないから』

『お隣さんの迷惑になるから』

などですよね。


まずここまでを子どもに伝える必要があると感じています。

たとえわからなくても、私はそうしてきました。

理由は言えないけど、こうしてほしいなんて、大人が言われてもイヤですよね。



そして、静かにするにはどう行動したらよいのか。

黙ることができればいいんですよね。

「黙って!」

としばらくは言っていました。

「しーっ」ってしたりもします。

これもある程度効果があります。




子どもに限らないんだと思うのですが、

何かしてほしいときは、

具体的な行動を伝えるとよいのだそうです。

”黙る”というのは、つまり、

”声を出さない状態”を指すのだと思います。

ただ、

「声を出さないで!」

って言いにくいし、

”出す”という単語が出ているので

相手には「声を出して!」と言われているのと大差ないそうです。


ということでこれもイマイチ。



そこで今私が実践しているのは、

「口を閉じる!」

です。

具体的に体をどう動かせばいいか伝わるので、

2歳の息子にもわかるようです。

口を閉じても声は出せるのですが、

とりあえず一瞬は効果があります。

そしてその隙に

「静かにしてくれてありがとう。おかげでお話ができたよ」

などの、お礼を伝えます。


これでもダメなときももちろんあります。

そんなときは、場所を移動します。

こんな状況のときは静かにしてくれないと困る。

それができないのならここにはいられないよ、というのを

実際に体でわかってもらうためです。

少々手荒ですが、

これを繰り返すことが必要だと感じています。



まだまだ長男は先が長いですが、

一時期よりは落ち着いてきているような気がします。

割とこちらの本気度が試されているような感じです。




いかがでしたか?

少しは参考になることがありましたでしょうか。

きっと多くの方が直面するのではないかと思われる子どもへの「うるさい‼」


少しでも減るとお互いに気持ちがいいですよね。





最後までお読みいただき、ありがとうございました。
     ランキングに参加しています。
        見たよ!のしるしに
  ぽちっと押していただけると嬉しいです☆
        にほんブログ村 子育てブログへ
        にほんブログ村




息子が中耳炎になりまして。その3。(繰り返す中耳炎)

2017年09月23日(土)

息子が中耳炎になりまして。その2。(薬を飲ませる!)

の続きです。


一度は治ったものの…

中耳炎はよく繰り返すらしいです。

特に子どもは顔が小さく、繰り返しやすいんだとか。

例にもれずまた耳をいじりだす息子。


ということで、耳鼻科に連れて行きました。←今度は早い◎

もうあんなに泣き叫ぶ子どもは見たくないです…(;д;)



抗生剤、おなかがゆるくなるので~というと、

今度は、割と軽かったので

点耳薬と鼻の薬だけで治るようです。

(今度は忘れず出してくれました☆)



子どもの点耳薬…

薬を入れてから5~10分はじっとしとかないといけないのですが、

…そんなのムリΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

ってなわけで、息子が昼寝したときと、

夜寝た後、薬を耳に入れることに。

(起きてるときだと入れるだけで苦労しそう…)


寝てるはずなのに、薬を入れると

「いや~!」

と泣く…

が、それだけでおさまってくれたので、

味をしめて毎回その形で

5日間、頑張りました。



数日後に行った時には、

「もう治ってますよ~」でした。

今度は楽でした。



が、しかし。



そのあとも未だにハナが治っておらず、

今は鼻のお薬だけ続けています。




おとといの夜。

先に寝ていた息子の横で寝ようとしたとき。


ふんがーグゴッ…ガーーーー ゴッ……………




むこきゅー!!!(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)



あまりに鼻が詰まっていたために、

時々無呼吸になる息子が気になり、

こっちが寝付けませんでした。。。




   ランキングに参加しています。
      見たよ!のしるしに
ぽちっと押していただけると嬉しいです☆
      にほんブログ村 子育てブログへ
      にほんブログ村

息子が中耳炎になりまして。その2。(薬を飲ませる!)

2017年09月22日(金)

息子が中耳炎になりまして。

の続きです。


耳鼻科でもらった薬は、

抗生剤(粉薬)と鼻の薬(水薬)。


水薬にしてもらったのは、

ちょっと前までは

(お義母さんが)嫌がる息子の口を押さえ、

(私が)ほっぺのあたりからスポイトで流し込んで飲ませていたため。

これはこれで、二人がかりの大変な作業でした。


みなさん薬を飲ませるのに苦労すると思うんですが、

うちも例外ではなく…



この日から息子と私の格闘が始まりました。



まず、初回。抗生剤。

私  :普通に少量の水で溶いて、飲ませようとする。

息子:警戒心なく口を開ける。

私 :口に入れる。「あーん」

息子:げぽ。



……あ……


せっかく食べたもの、全部吐いちゃいました。

考えなくはなかったんですけど、

少々の苦いのくらい、

頑張れば飲めるかなって…

(大人の感覚として…)



甘かった。。。



それから息子は、薬に敏感になりました。(特にピンクのもの)


水薬は、いやいやながらも、

なんとか飲ませることに成功。



病院に電話して、

「吐いちゃったんですけど…」

ときくと、

「もう今回はいいんで、次回からはゼリーとか使ってでも飲ませてください」

と言われ、


はっ((((;゚Д゚))))))) ゼリーか!!



こういうやつです↓
170921_1336~02
アマゾンでのご購入はこちら→らくらく服用ゼリー(チョコレート味)


そういえば前に使ったことあったんですが、

なんせめんどくさい…

量が増える…

ということでいつしか使わなくなっていたゼリー。

ここにきて再登場です。


何としてでも飲ませなくてはならない!という薬は、

手間がかかっても飲ませる…|ω・`) ショウガナイ…


ということで、この日から試行錯誤が始まりました。



このゼリー、

開けてすぐは液体が出ます。

ちゃんと袋にも書いてあるんですが、

なんかよく読まずに始めてしまい、

全然ゼリーで包めない!

となってしまいました。


でもこの液捨てるのもったいないし…←ケチ◎


ということで、

考え出したやり方がこちら

 ↓ ↓ ↓

①少量のゼリーの液で薬をとく(ないときは水でもよい)

 甘い液で溶いた方が飲みやすいらしい。

②残りの液を出した後、ゼリーをスプーンに薄くのばす

③薬をゼリーの上にのせる

 あまり欲張らずに入れる方がよい。ゼリーからはみ出さないように。

④薬の上からゼリーをのせる

 とにかく薬をカバーするように!


どうするかっていうと、

とにかく舌に薬が当たらなければいいようで、

これに慣れてくれると、

ちゃんと飲むようになりました。


ちょうど同じころ、

娘(5歳)もハナが長引き抗生剤を飲まないといけなくて、

ご丁寧に包んでたんだけど、

だんだんめんどくさくなって(娘の方が量が多い)、

最終的には薬をゼリーをぐちゃぐちゃっと混ぜただけで

飲めるようになり、

大変楽になりました。



そんなこんなで、やっと飲ませられた薬。

息子の急性中耳炎はかなりひどかったようで、

本当は点耳薬(てんじやく:耳に直接入れる液薬)ももらうはずが、

まさかの先生出し忘れ…(゚д゚)

そんなこともある…か?

そのことに気付いたのが受診してから2日後。

電話して聞いたら、

一応飲み薬で治るようにしてあるから、

次回の受診日まで飲み薬だけでいいとのこと。

1日3回きっちり飲ませたおかげで、中耳炎は良くなりました。




中耳炎は…ね。




この後、

抗生剤の影響らしいのですが、

1か月くらい下痢や軟便を繰り返しました。


おなかが痛くて夜中にトイレに駆け込むも、

間に合わずうんちを漏らす息子…

ちょうどこの夏にトイレトレーニングをして、

ほとんど外れかけてたので、

パンツをはかせてたから

更に被害が広がり…



ついこの間まで夜中の緊張が続きました。



あまりに下痢が続くので、

こっちの方は小児科の先生に薬を出してもらい、

便の検査もしてもらい(便の脂肪とか…)

今やっとおなかも良くなりました。




息子が中耳炎になりまして。その3。へ続きます。




   ランキングに参加しています。
      見たよ!のしるしに
ぽちっと押していただけると嬉しいです☆
      にほんブログ村 子育てブログへ
      にほんブログ村

息子が中耳炎になりまして。その1

2017年09月21日(木)

ある夏の日の夕方、

息子(長男)が急に泣き叫び始めました。


「みみがいたいのー!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。」


「えぇ!? 耳!?Σ(゚д゚|||) ってゆうかなんで耳!?」



手とか足とか、おなかならわかるんです。

…耳?


たしかに、何日か前から38度くらいの熱があり、

鼻ズル、咳、下痢、機嫌が悪い、などの症状はあったんだけど、

何科に連れていけば?(小児科 or 耳鼻科)

あと、子どもの鼻って薬飲んでもあんまりしゃんと治らないし(だいたい先生がそう言った)、

熱もそのうち下がるかなって…

(うちの子は太いので割と体力があり、長男は現在2歳8か月、ちょっと痩せてやっと15キロをきったくらい)


あと、大人の事情を言えば、

ちょうど家が忙しい時期で(自営業なもんで)、

病院が遠い…(田舎なんで)

小児科は、一番近い(小児科専門の)病院でも50分以上かかるし、

今通ってるところは1時間以上かかる…



といろいろと自分に言い訳をし、

放置していた結果がこれでした(息子よ、ごめん( ノД`))。



平日でしたがもう夕方で、

ちょうど5時を過ぎたあたり。

あわてて耳鼻科に連絡したけれど、

もう先生お帰りになったって…

「ちょっと早くない!?(*`^´)=3」

と心の声(口に出てる)。

きっとその日は患者さん少なかったんでしょう(田舎なんで…)



しょうがなく市民病院に電話をし、

症状を伝えると、

「あ~たぶん中耳炎だと思うんですけど~」



…中耳炎?(°_°)



そこでやっと耳の病気だと気付く親。

熱から耳にきたのかと思ってたんですが、

逆でした。



とりあえず急いで息子を車に乗せ、

一緒に行きたいと言う娘を引きはがし(娘はまさかの病院好き)、

大慌てで到着(それでも35分くらいかかる)。


車の中で

まだ痛いと叫ぶ息子をなだめていると、

到着するころには寝てる(鼻ズルで寝不足)。



降りたら泣くかな?と思いきや、

だっこしてたら大人しかったので一安心。



あまり待たずに診てもらえたのですが、

内科の先生で「耳はよくわからない(特に子どものは小さくて見えない)」とのこと。

内科的な問題はないとのことだったので、

それだけでも安心。

時間外なので解熱剤(座薬)だけもらいました。

(それなら家にもあったんだけど…というつぶやきは置いといて)


帰りに、

「家に帰るまでかかるんで、ここで解熱剤入れていいですか?」

と看護師さんにお願いをしたら、

手袋をして入れてくれました(ラッキー)。



とりあえずその日は帰ろうと、

家に連絡を……あれ?



携帯忘れてました。



昔はあちこち公衆電話があったし、

さすがに病院だからあるだろうと思った私が甘かった。

外来玄関…ない。

自販機の近く…ない。

看板見ても…表示がない。

息子を抱えて5分くらいウロウロしたものの、

あきらめました(息子が重い)。


その日の帰りは、

今までにない注意力を発揮し、

公衆電話を探しました。


田舎でも(田舎だから?)公衆電話ってなかなかなくて、

10分くらい走ったところにある個人商店の前で発見。

家に電話すると、

「携帯持ってくのわすれたやろ~」とお義母さん。

バレてる!!Σ(゚д゚|||)




次の日外来で診察してもらってくださいと言われたので、

朝一で耳鼻科へ。

「急性中耳炎ですね~」

やはりそうでしたか…。

鼻水からばい菌が耳にあがったんだろうね、とのこと。

子どもは顔が小さいから、つながってる耳と目と鼻は連動しやすいようです。

しっかり治しとかんと繰り返すからね~と

その日は抗生剤と鼻の薬をもらったのですが…



その日からが大変でした……





息子が中耳炎になりまして。その2。(薬を飲ませる!)へ続く。





   ランキングに参加しています。
      見たよ!のしるしに
ぽちっと押していただけると嬉しいです☆
      にほんブログ村 子育てブログへ
      にほんブログ村

プロフィール

松野いずみ

Author:松野いずみ
はじめまして。
田舎暮らしをしている30代です。
夫、夫の父母、子ども3人(5歳、2歳、0歳)と一緒に暮らしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR